Twitter(ツイッター)とは、140文字のコミュニケーション・ツールです。
好きな人の近況を確認したり、自分の好きなことをつぶやいたりして、世界中のユーザーとつながれます!
ツイッターはいますぐ誰でもやることができます。

ツイッターで自分を知ってもらう方法

身近な友人から全く知らない人まで、好きなことを共有できる場所です。
アニメ・映画・音楽・ゲームなど様々なジャンルをきっかけに会ったことのない人と仲良くなることができます。

ツイッターで出会いを求めてる人は、沢山います。

ツイッターで「出会えるような方法」ってあるのでしょうか?
たとえば「ツイッターで出会い目的ばかりの人が集うコミュ」とか「出会うことを前提にした人がいるところ」ってあれば教えてください。
もう退会したのです
が同じSNSでもミクシーでは幅広くいろんな人と知り合えていたのですが、ツイッターでそういった出会いの見つけ方をどうするのか聞きたくて質問してみました。
検索に用語を入れても、過去の投稿でかぶる部分がある人しか出てこないですし・・

このように、出会い方に悩んでいる人もいます。
一昔前は、mixiでの出会いが多くありました。
mixiではサークル的なものがあり、独自にコミュニティを作ったり参加したりして知り合うことができていました。

どんどんツイートしていくこと!

ツイッターでは、そのようなサークル的なコミュニティというものは存在していません。
ただし#(ハッシュタグ)〇〇などをツイートのあとに書くだけで、共通の趣味を持った人と共有の場を作ることができます。

例えば「面白いです!最高!#逃げ恥」などでツイートすると、共感した人や、同じようにドラマを見ていた人がそのツイートを見て、他の人にもこの人の言葉を伝えたいと思われたらリツイートと言って、もう一度ツイートされます。
これによって、自分との繋がりではない人が自分のツイートを見てくれることになります。

実際に普段のツイートだと2、3人からのリツイートだったのが、話題の映画や役者の感想を書いただけで200人近くに人からリツイートされた経験があります。

自分が好きだな、ということをどんどんツイートしていくことで、自分とはどんな人間なのかを知ってもらうことができます。

まずは共通の趣味を持った人を探そう

ツイッターで出会うためにすべきことがあります。
ツイッターでは、検索やハッシュタグから自分が好きなジャンルをツイートしている人を確認することができます。

そこで、好感のもてる人がいたら、直接返信をするのも良いと思います。
「〇〇が好きな人は仲良くしてください」というツイートをしている人もよく見かけます。

ツイッターで友達になることをフォローと言いうのですが
「自分も〇〇がすごく好きなんですよ!フォローさせていただきました!よろしくお願いします」
など挨拶があった方が、相手からの好感度があがります。

自分と趣味のあったことをツイートしてる人を探して、その人をフォローしてからが最初の1歩の始まりです。

フォローした人と親交を深めるには

お互いがフォローをすることを「相互フォロー」といいます。
これで、お互いが認知したことになりますし、お互いのツイートをタイムラインといって自分のツイッターの流れの中に入ってくるのでいつでも確認することができます。

ここで、相互フォローしてからのツイートおススメと注意点を書いていきます。

  • 毎回、リプ(メッセージ)を送らないこと
  • 一方的に、リプを送らないこと
  • 1時間以内のツイートにリプを送ると返信が返ってきやすい
  • 相手が気になりそうなことを意識してツイートする
  • 画像付きのツイートをすると見てもらいやすい

などがあります。
つまり、まずは適度な距離感が大切ということです。
そこは現実でもネットでも同じですね。

親交が深まったら

親交が深まると、連絡手段が増えてきます。
まずは、DM(ダイレクトメール)という機能で相手にしか見ることができないメッセージなどを送りあうことができたりします。
しばらくDMでやりとりをしていると、そろそろLINEとか交換する?という流れになることがあります。

LINEを交換したら、ツイッターだけの関係ではなくなるので、さらに気軽に連絡を取り合うことが可能になってきます。

まとめ

ツイッターはすぐに、共通の趣味をもった人と知り合うことができます。
話題のあることを書けば注目もしてもらえます。

繋がりを求めてる人も多くいるので、ツイッターで探してみては如何でしょうか?
スマホ片手に、様々な出会いがそこにはあります。