サービス開始は2006年から始まり今も人気が衰えないSNSです。
140文字以内の短文「ツイート」の投稿を共有するSNSで、ツイッター同士での交流も盛んに行われています。

話題になったのがアニメ「天空の城ラピュタ」で「バルス」のシーンにてツイート数が世界記録更新!
というのもツイッターならではの文化になってきました。

これだけ、ツイッターには多くの人たちがいます。
そこで、実際にツイッターで出会えるのか・・・ということでこのような悩みを持っている人がいます。

ツイッターで「出会えるような方法」ってあるのでしょうか?
たとえば「ツイッターで出会い目的ばかりの人が集うコミュ」とか「出会うことを前提にした人がいるところ」ってあれば教えてください。
もう退会したのです
が同じSNSでもミクシーでは幅広くいろんな人と知り合えていたのですが、ツイッターでそういった出会いの見つけ方をどうするのか聞きたくて質問してみました。
検索に用語を入れても、過去の投稿でかぶる部分がある人しか出てこないですし・・

ツイッターにはmixiのようなコミュニティは存在しませんが、同じ趣味の人と交流する方法はあります。

ツイッターでの交流までの流れ 出会うためにすべきこと

プロフィールは細かく書く

まず、最初にアカウントを作ったらプロフィールを細かくことが大切です。
具体的には、趣味の部分をより詳しく書くことが繋がるポイントです。
「やっているゲームはFFシリーズすべて、DQシリーズすべて、モンハン得意です」
「映画は、洋画と邦画両方が好きです。「君の名は」が一番好きです」
「音楽はジャニーズを中心に聞いています。TOKIOや嵐が好きです」
などピンポイントで書いた方が相手にも自分の趣味を伝える為に大切です。

自分が好きなジャンルを決めてとにかくつぶやくべし!

#(ハッシュタグ)をつけて発言することで、同じ趣味の人達のつぶやきがまとめて閲覧できます。
例えば、「#犬」というハッシュタグで検索すると、犬についての投稿をまとめて見ることができます。

ですので、#サッカー日本代表 などでサッカー中継中に書き込んでいくと、サッカー好き同士のつぶやきを閲覧することができます。

いまのツイート良いな!と思われたら、フォロー(自身のタイムラインに表示されるようになる)されたり、♥マークの「いいね」・ファボ(ツイートをお気に入り登録する機能)されたりします。

このように、自分の好きなジャンルを#付けてつぶやくことで、自然と繋がりが生まれてきます。

フォローやお気に入り(ファボ)を積極的にする

気の合いそうな人だったらフォローしたり、ファボをしていくことで、自分は貴方の言葉に共感してますアピールができます。
むやみやたらにファボすると変に思われるので、きちんと共感したときにファボをすることが大切です。
フォローした際も、「自分も〇〇が好きなのでフォローさせていただきました。よろしくお願いします!」などと一言あるとかなり好感度が上がると思います。

有名人をフォローすることでも同じ話題ができるので、共通性がさらに増します。
お笑い芸人やゲームが好きな人ならメーカーやクリエイターなど。

リプライよりもリツイートから

リプライとは、他人のツイートに対して返信することです。
突然リプライをしたり、しつこいリプライだと相手に嫌な思いをさせることになり警戒されます。

最初は、共感したり、すごい!と思ったことをリツイート(他人のツイートを自分のツイートとして再ツイートする機能)することから始めていくと良いです。
そうすると、「この人はこの時に共感してくれたんだな」と相手に伝わるからです。

ツイートを積極的にガンガンやろう!

相手に共感してもらえる内容や、動物や食べ物、景色の写真などでも良いのでツイートしていきましょう。
食べ物だったら「美味しそうですね!どこのお店ですか?」
景色だったら「素敵な場所ですね!どこですか?」
などと返信があるかもしれませんし、ファボやリツイートされて自分を知ってもらうきっかけが生まれるかもしれません。

なにがきっかけになるかは、分からないので、自分が良いなと感じたことはどんどんツイートしていきましょう!

リプライ(返信)をしてみよう

このタイミングから、少しずつ返信をしていくことに慣れていくと思います。
どれくらいが丁度よいのか匙加減が分かってくることだと思います。

共感した内容を率直に伝えたり、写真などに対してポジティブな内容で返信できれば、ツイッターのキャッチボールが上手くできます。
お互いの趣味嗜好や感性が似ているのだなと、好感度もあがります。

ダイレクトメッセージができれば、ゴールは近し!!

ダイレクトメッセージと言って、相手にしか見ることのできない直接的なメッセージ機能があります。
ある程度親しくなっていくとダイレクトメッセージを活用しても問題ないと思います。

ダイレクトメッセージでやりとりできるのは、ある程度親しい関係になっているはずです。
ですので、このタイミングでSkypeやLINEなどを聞いて1つステップアップすることができるかもしれません。
しかし、焦りは禁物なので注意しましょう。

共感がなによりもの近道

交流までの流れを書きましたが、ツイッターは出会い系ではなくSNSです。
出会いのことだけ考えて接近しても、失敗する可能性が高いです。

ツイートしているということは、その発言に対して共感してもらいたいという意図があります。
それに対して共感してもらったり、ファボをしてもらえたら、やはり嬉しいです。

ですので、会いたいという思いで焦るのではなく、ゆっくりと距離を縮めていくのがツイッターで出会うための一番の近道ではないかと思います。