いま、あまり目にすることがないテレクラ。
そもそもテレクラってなに?という人もいると思います。

テレフォンクラブとは、電話を介して女性との会話を斡旋する店。通称テレクラ。おおよそ、個室で女性から店に電話がかかってくるのを待ち、その女性との会話を楽しむもの。個室にはティッシュペーパーが配置するなどされており、テレフォンセックスが行われる場合もある。基本的にはそれだけなのであるが、女性との交渉次第では機会を改め店の外でデートを行うことや、性行為を行うことも可能である。

ネットなどの出会い系とは違い、すぐに電話で直接話せるのが特徴の1つです。

現代のテレクラ

テレクラも実は進化していて、ただ電話を待つだけの場所ではなくなっています。
DVDを見たり、漫画を読んだりできるなどネカフェ的な場所になっています。
電話でアポさえ取れたら途中で退出して会いに行くこともできます。

出会い系とテレクラの違いとは

テレクラで出会えるかどうかを調査していると、いくつか特徴を発見することができました。

出会い系だと、まずは連絡のやり取りから始まり、しばらくはLINEなどで文章のやりとりがメインになっていますが、テレクラはお店に入店してすぐに電話がかかってくるので、直接会話することができます。
相手が男の可能性ではないということが分かるので安心できます。

地元から地元のお店に電話をかけているので、電話の交渉次第では、すぐに出会うことができます。
ネットでは、地域は関係ないので、地元ですぐ会えるのはテレクラの魅力の1つですね。

そして、会うまでの流れが出会い系などよりもテンポが良いのであまりお金もかかりません。

どんな女性がテレクラに電話をかけてくるのか

テレクラにかけてくる女性は、男性を求めているからテレクラに電話をしてきます。
LINEやメールを利用せずに電話を利用しているということは、男性と直接話すことを求めています。

それは、暇だからということもありますが、寂しさから生まれたきっかけもあります。
その寂しさを電話のトークで埋めてあげることができたら、好印象です。

実際に出会う為の交渉術と注意点

実際に出会う為までには、テレクラだから、電話だけでのやり取りになります。
そこで、トーク交渉術と注意点をまとめてみました。

「下心が見抜かれない」

重要なことは「下心が見抜かれない」ことです。
積極的にアプローチをしてしまうと、女性は引いてしまいます。

電話の女性もその人一人ではなく、たくさん電話がかかってきます。
まずは、こちらが落ち着いて焦らずに余裕をもつことで、女性は安心して話をしてくれます。

相手の話をしっかり聞く

女性は、喋りたくて電話をかけてきています。
なので、まずはしっかり女性の話を聞くことが大切です。
相手にしっかり話を聞いてもらっていると、思ってもらうためのポイントとして

  • 相槌をすること
  • 共感をすること
  • 女性の話を繰り返しこちらから発言すること

が、あります。
「女性の話を繰り返しこちらから発言すること」というのは、例えば
女性「今日◯◯があって辛かったんだよ」
男性「◯◯ちゃんは、今日◯◯があったんだね。それは辛かったね。」

のように、発言を繰り返すことで、自分の話をしっかり聞いてくれているのだと女性は思ってくれます。

自分の意見を言うのはご法度

「だけどね」「でも」など男性側の意見を言うのは、話を聞く手側としてはご法度です。
女性は、男性の意見を求めていません。
女性自身の話を聞いてほしい、共感してほしいのです。
なので、それに対して逆の意見を言うのは控えましょう。

会話のキャッチボール

自分の意見を言うのはご法度と書きましたが、自身の話をすることは問題ありません。
むしろ会話はキャッチボールなので、一方的に聞くだけでは楽しくありません。

あくまでも、女性が話してきたことに対する意見ではなく自分自身の話です。
それは作り話でもなんでも構いません。
楽しく会話ができたら、盛り上がって女性が会いたくなるかもしれません。

現在のプライベートの話をしない

テレクラに電話をかけてくる女性は、聞かれたくないことが1つや2つ抱えています。
なので、現在のプラベートに触れないことが大切です。
「彼氏がいるのか」などは厳禁です。

まとめ

テレクラは、男性も女性も同じ目的があります。
「異性と話したい」この共通の目的ではありますが、男性はその先まで求めています。
電話だけで終わりにならずに、出会うまでの流れを作るために上記の述べたポイントを踏まえた上で、アプローチしてみましょう。
テレクラで簡単にすぐに出会うことができるかもしれません!