ゲーム実況
ゲーム実況はご存知でしょうか?
実況者グループ「最終兵器俺達」や男性7人女性1人の実況者グループ「いい大人達」などが有名です!

今では、アイドルと同じくらい人気になったゲーム実況者。
イベントなどに招待されると黄色い歓声が聞こえてきます。

現在、生配信サイトで1番人気コンテンツがゲーム実況なのです。
そして、ゲーム実況者はモテる!!

なぜ、ゲーム実況者が人気でモテるのかを調べてみました。

ゲーム実況者とはなに者か?


その名の通り、ゲームをプレイしながらゲームの内容を実況しつつ生配信サイトのリスナーのコメントを読む人です。

基本的に、誰でもゲーム実況者になることができます。
「ゲーム実況者になる為には」に関しては下の項目で詳しく説明します。

動画なら、ゲームをプレイして実況して編集する。

生放送なら、リアルタイムでリスナーさんとコメントを見ながら会話のキャッチボールを行います。

ゲームを配信する環境さえ整っていれば、誰でもゲーム実況者になることができます。
だからと言って、ただゲーム実況していれば人気になれるわけではありません。

それなりの努力は必要になってきます。

なぜ、ゲーム実況者はモテるのか

なぜ、ゲーム実況者はモテるのか
努力とは、「見てもらう為に、いかに面白いトークができて、見やすい動画編集ができるか」です。
学生の頃とか、トーク力がある人や面白い人は、人気者ではありませんでしたか?
常に面白い人の周りには人が集まっていたり、誰かと一緒にいたりしていた記憶があります。

面白い人は、どの世代でも常に人気者になります。
そして、ゲームは好きだけどプレイするのは下手だから苦手という女性でも、見てるのは好きで楽しいという人はたくさんいます。

そこがうまくマッチングしたことにより、ゲーム実況者は注目されて、モテている要因だと思います。

特に人気になっている人は、毎日動画を更新していたり、編集にこだわって見やすい構成になっていたりと様々な工夫を日々しています。

モテるゲーム実況者の共通点や特徴

  • トークが面白い
  • 動画の編集が丁寧で、見どころが分かりやすい
  • 縛りプレイ(アイテムを使わない)などハードルを上げて他の動画との差をつけている
  • 動画の編集が細かくて、見どころが分かりやすい
  • 誰が聞いても分かる、分かりやすい解説をしている

ゲーム実況者になる為の5種の神器

まず、最低限必要なのが配信する環境にもよるのですが、基本的には

  • ゲーム機
  • キャプチャーボード
  • PC
  • マイク
  • ステレオミキサー

の5種類です。

※PS4などは、本体だけでシェア機能を利用すれば録画や配信ができたりします。

キャプチャボードとは
キャプチャーボード
このような機器を使用してゲーム機からPCに映像を映し出すための物です。
値段は、ピンキリで5千円~数万円するものまであります。

5千円くらいのだと基本的にはHDMIケーブルでのHD画質を出すのが難しく、赤白黄の3色のいわゆるAVケーブルと呼ばれる物になってきます。
比較画像がこちらです。

AVケーブル
AVケーブル

HDMIケーブル
HDMIケーブル

配線などに関して詳しくはこちらをご覧ください。

ステレオミキサーとは

マイクの音声とゲームの音声をミックスする為に必要な物です。
値段は、ピンキリで4000円~数万円するのもまであります。

安いものであれば、マイクの音声とゲームの音声をミックスするなどの最低限のことは可能です。

値段が高いものであれば、「サー」というノイズの減少や音がとてもクリアに録音することができます。
さらに、PCが内蔵するサウンド機能よりも、ノイズの少ない迫力の音質で音声を再生できます。

再生数を増やすポイント


動画や生放送の再生数にはいくつかポイントがあります。

  • 最新作は注目されやすい(しかし、他の人も同様に投稿している)
  • まだほとんどの人がプレイ(実況動画)していない作品
  • 動画の時間は15分~30分
  • 中毒性のある、何回も見たくなる編集
  • SNSの連動やブログとの外部関連の連動(リンクを張り付ける)

などです。

動画の時間に関しては、人間が集中していられる時間がちょうど15分~30分くらいだからです。
アニメなどが分かりやすい時間構成ですね。

注意点

ゲーム実況とは、実はとてもグレーゾーンだったりします。
何故かというとネタバレにつながることから、ゲーム自体の売り上げに関わってくるからです。
しかし、実況者のPRのおかげで売れることもあるので暗黙の了解だったりもします。

公式でOKしていることもあります。
最近では、細かく動画投稿する際の利用規約などが書かれていることが増えているので、しっかりそれを読んでから判断しましょう。

完全に実況プレイを禁止しているタイトルもあります。
それを破ると罰則事項に該当するので、ゲーム実況は自己責任が伴います。

まとめ

何事もそうなのですが、いきなり人気になることは、ほとんどありません。
地道な努力を重ねてやっと認知度が増えてきて少しずつ再生数が増えてくるものです。

継続は力なり
という言葉通り継続してからこそのリピーターが増えて再生数も増えます。

何よりも本人が一番楽しそうにプレイしていることが大切です。
人気になりたい!という思いで必死になって焦っていたらゲームの楽しさは伝わりません。

まずは、人気実況者の動画を見て勉強するのもありだと思います。
そこから自分なりの方法を見つけ出して個性を出せていけたら大成功です!

楽しいゲーム実況ライフから人気者ゲーム実況者になる日を応援しております!!