女性とライブカメラを通じてコミュニケーションを取るサイトのことをライブチャットと言いますが、現在大手で言えばDMMがライブチャットを運営しています。

ライブチャットの種類と特徴

ライブチャットには2種類あります。
その内容と特徴をまとめてみました。

2ショットチャット

ライブチャットでは基本的に、男女ペアの「2ショット」でチャットを行います。
基本的には、1体1で話せるのでコミュニケーションをたくさん取ることができます。

パーティーチャット

複数人数で「パーティーチャット」を行います。
1人の女性に対して複数の男性になるので、コミュニケーションが2ショットチャットより減ります。

ライブチャットでも出会えるのか?

ライブチャットでも、会うことが可能です。
しかも、出会い系などと違い、相手の顔や声なども分かっているので、自分が好みの人という利点まであります。

どうやったら出会えるの?

出会う為のポイントがあります。
そのポイントを上手くテクニックとして活用すれば出会える可能性は上がります。

2ショットチャットを積極的に利用する

2ショットチャットで密にコミュニケーションを重ねることで、自分自身を知ってもらうことができます。
そこで、自分の魅力を出すことができれば女性側が「会いたい」という感情を抱きます。

  • 優しい人
  • 丁寧な人
  • 面白い人

最低でもこの3つは、押さえておく必要があります。
どれだけ女性に印象を残せるかが重要です。
だからといってアピールをしすぎると引かれてしまうので、逆効果になります。

根気強く地道に何度も同じ女性とライブチャットをする

1回のライブチャットで会えると思ってはいけません。
むしろ、ほぼ無理だと思います。

短い時間でも良いので、何度も同じ女性と話すことで、自分自身を覚えてもらうことができます。
女性も親近感が湧いてきて話しやすくなることで、「会いたい」という感情を引き出すことができるかもしれません。

連絡先をすぐに確認しない

すぐに、連絡先を聞くことは下心があるのかなと女性に悟られてしまいます。
逆に複数の男性は、すぐに連絡先を聞き出そうとしているので聞かないでいることで、他の男性とは違うと思ってもらうことができるかもしれません。
他の男性と違うと思ってもらえれば、一歩リードすることができます。

心得ておくこと

出会う為には、心得ておく必要があることがいくつかあります。
ライブチャットは、出会い目的でやっている人が出会い系よりも少ない。
従って、出会うためには以下のことを理解した上での行動をおススメします。

  • キャバクラ感覚
  • ネットのキャバクラだと思うのが一番分かりやすいと思います。
    キャバクラは、1回だけで親密な関係にはなりませんよね?

    繰り返し会うこと、1回に会う時の時間の長さ。
    自分に対してどれだけお金をかけてくれるか。
    など、キャバクラに近い存在なんだと理解することです。

  • 出会い系と比べるとお金がかかる
  • ネットキャバクラと表現したように、出会い系と比べると相当なお金がかかります。
    それは、女性側は仕事としてやっているので、実際に会ってしまうと、お金を払って次回ライブチャットをする可能性が減る恐れがあるからです。
    そのことも懸念して、すぐに会えることは中々ありません。

  • 連絡先を教えてもらえないことが多い
  • 連絡先を教えてもらえないのは、上記と同様の理由で、連絡先を教えてしまうことで、お金を払ってライブチャットをする人が減るかもしれないからです。

  • 出会い系と比べると女性登録者が少ない
  • 出会い系は、顔写真を載せなくても良いことや、ライブチャットのように顔出しで通話をしなくてもよい分、女性の登録者数が多いです。
    その逆に、ライブチャットは顔出しということもあり、出会い系と比べて女性登録者数が少なくなっています。

まとめ

本気で、ライブチャットの女性と出会おうと思うとそれなりのお金とテクニックが要求されます。
女性側は、あくまでも仕事として割り切って行っていることが多いです。
会えそうで会えないぎりぎりのラインをあえて揺さぶってくる可能性もあります。

自分の心に問いかけて、本気でライブチャットの女性に会いたいかどうかを考えてから行動しましょう!