元カノと再会して、その流れでセフレになるというケースは、様々なリサーチやアンケートの統計では、「ある」と答える女性は4人に1人といいます。

一度は付き合っていた関係なのでお互いの好みが分かっています。
従って、0からのスタートではない分、体が相手を求めてしまう傾向にあります。

セフレ化までの過程

きっかけ

暇なとき、寂しくなった時、ふっとした瞬間LINEを見た時に元カレの名前があった。
返事が返ってくるか分からないけど、なんとなくメッセージを送ってみた。
そして返事が返ってきて、驚きと嬉しさの感情が芽生える。

誘う

寂しさの心の穴を埋めてくれる気がした。
無理だと思うけど、なんとなく「会ってみない?」というメッセージを送ってみた。
返事が返ってきた。
「会おう」という予想外と内心そうであってほしい内容にさらに気分が高揚する。

再会

久々の再会に付き合っていた頃のような気持ちに戻ってしまう。
二人の想いが近づくの時間の問題。
元恋人同士の二人は、既に関係を持っていたから、会った日にセックスをすることに対しての抵抗はあまりない。

セフレ化へ

一度だけだと思っていたけど、一度許すとズルズルと体だけの関係になっていく。
気づけば、セフレになっていた。


このように、一連の流れが多くのセフレ化までの過程です。
きっかけは、「なんとなく」から始まり、会ってから気づいた頃には、セフレになっています。
その時の心境と勢いが重なった結果ということも十分にあり得ると思います。

元カレと「セフレ」になりやすい女性の特徴

4人に1人は、元カレとセフレになる傾向があると上記で述べましたが、その中でさらに元彼と「セフレ」になりやすい女性の特徴があります。
その特徴をまとめてみました。

いつでも呼ばれたら来る

別れた後も連絡を取り合っていて、何かしらのきっかけがあるたびに元カレが「今から来れない?」「今から会えない」という言葉に反応してすぐに行ってしまう。

男性にとっては元カノだから呼びやすかったり、女性にとっても元カレだから抵抗なく行けるという人がいます。
その「抵抗がない」というところがセフレになるきっかけであり特徴の1つです。

元カレのことがまだ気になっている

別れ方次第ですが、元カレのことがまだ心に残っていて頭からはなれない人もいます。
そんな心境で、元カレから誘われて体の関係を求められると断ることができません。
そこからズルズルとなってしまいセフレ化してしまいます。

「新しい人を探す気があまりない」

新しい彼氏を探す気がそもそもなくて、独りでいるうちに寂しくなり人肌恋しくなる。
その結果、元カレが心の隙間に入ってきて体だけの関係になってしまいます。
そのままズルズルとセフレ関係が続いていくこともあるでしょう。

元カレとまた元の関係に戻りたい、カラダの相性が合うなど、元カレとセフレ関係になってしまう理由は様々あります。
しかし、セフレはあくまでもセフレ。
それ以上でもそれ以下でもないのです。

元カノをセフレにする方法

元カノほどセフレにしやすい関係はありません。
最もセフレにしやすいと言っても過言ではありません。

実は、もっともセフレになりやすい関係

体の関係があったからこそ、お互いの体の相性というのが分かっています。
女性もまた同様に、都合の良いセックスの相手として元カレを選ぶ人は少なくありません。
身近にいる女性の中で、最もセフレの関係になりやすいのが、元カノなのです。

タイミング

すぐに連絡をするのではなく、ある程度一定の期間をもつことが大切です。
別れてすぐであればまだ自分に対して嫌な気持ちを持っていることがありますが、それがしばらくすると、思い出補正がかかって楽しかった想い出に変わってきます。
その時期をうまく逃さないことが重要です。

この期間というのは人によっても違いますが、よく3週間~3ヶ月だとも言われています。
ある程度周期もあるかもしれませんので、数週間おいてから「ちょっと会って話せないかな?」と意味深な言葉をかけて会うのが良いでしょう。

一度経験あると抵抗が少ない

初対面や付き合っていない男性と比べたら、安心感や信頼感があります。
以前付き合っていたということは、当然セックスもしていたことになります。

セックスというのは、一度してしまうと2回目以降のセックスに抵抗がなくなります。
つまり、一度セックスをした相手とは、抵抗なく2回目以降のセックスができてしまうのです。
従ってセフレになりやすい関係なのです。

元カノをセフレにして良かったこと

彼女本来のセックスが見れる

元々の付き合いがあるので、気を使うことが少ないからこそ、とても安定しています。
セックスをする為のきっかけやタイミングがあれば、自然とその流れになります。
彼氏彼女の関係ではないので、付き合っていた時とは違ったセックスを見せてくれます。
彼女本来のセックスをセフレという関係なら見せてくれるかもしれません。

最もリスクのない相手

セックスのことだけ考えて、付き合えて性欲を満たす相手としては、最もリスクのない相手。

とある体験談

「未来を約束する相手ではもうない」という認識が、
双方か片方にあっても、人間として嫌いになって別れたのではない。
そんなケースの元恋人達にとっては、
「今を楽しむ」ことに主眼が置かれるセックスフレンドという関係は、
手頃で継続しやすいものかもしれません。

このように、精神的にも元カノがセフレという存在であることが、メリットであると書かれています。
お互いにとってウィンウィンの関係になれば、誰にも迷惑をかけるわけではありません。

まとめ

元カノがセフレになりやすい理由は、お互いを知り尽くしているからこそです。
元の場所が居心地が良いと感じてしまえば、そこに戻ってきて彼氏彼女という関係にならなくても、セフレという関係にはなりやすいです。

「元カレ」という気軽さと居心地のよさが女性の心理ですね。