女性は、どこでセフレを探しているのでしょうか?
女性が、セフレを求めるきっかけや経緯を調査していく中でどこで募集をしているか、なぜ募集をしているのかが分かりました。

名前を伏せて秘密裏に出会えるセフレ掲示板

セフレを探す際に、最も気にすることは「秘密」「楽ちん」「出会える」という事でした。普通の出会いならFacebookやTwitterなども利用できますが、セフレの場合はそれらのSNSは使うことができないため、出会い系サイトや出会い掲示板を利用するようです。
有名なところでは、下記のサイトがあります。
セフレ募集掲示板

リア充や未婚者は合コンやナンパ

ネットで出会いを探さなくても、合コンやナンパで探せるという人もいます。ネットで探すよりも直接会って話したほうが良いのは当然ですが、そういった機会を得られない既婚者や、合コンに縁のない方、または苦手な人はネットの出会いが向いているということでした。

ワンナイトラブの関係性

ワンナイトラブの関係性を調査した結果、以下のデータがでました。

  • 「婚活パーティで知り合った人」が231人(42%)
  • 男友達が57人(10%)
  • SNS/出会い系サイトで出会った人が54人(9%)
  • 同僚(上司・部下)が53人(9%)

「婚活パーティで知り合った人」が圧倒的な数字で、他は差がありませんでした。
「婚活パーティで知り合った人」が多い要因は、男友達や同僚だと後腐れがあることで抵抗があるけど、関係性の薄い初対面の人で目的が同じ人であるから抵抗なくセックスができたからと見受けられます。

しかしワンナイトで終わった要因として、結婚まで意識している相手だからセックスをしたが、相性が合わなかったことでワンナイトになったと思われます。

身近に男性があまりいない人がセフレを募集をどこでしているか

人妻などは、上記のような出会いの場が少ないです。
そうなると自分からアピールする必要性が生まれます。

ワンナイトラブについて、初めてしたときの年齢が41歳以上で271人(59%)という圧倒的なデータがでています。
要因としては、上戸彩主演で人気を博したドラマ「昼顔」などのメディア効果があると言われています。

例え、男友達や元カレ、職場などでセフレ関係になりたい人がいたとしても、家庭がある場合は、ばれてしまう可能性を恐れます。
従って、身近ではない関係性のない人から探していくことが多いです。
その中で一番利用されるのは、出会い系サイトです。

共通の目的の人が集まっているので、一番手頃で、ばれることのない安全な場所になります。
世間を気にせずにセフレを探せるし交流ができる場所が出会い系です。

ワクワクメール・ハッピーメール・YYCといった、大手出会い系サイトなどがありますが、PCMAXという出会い系サイトが主婦には人気です。

PCMAXは、創設10年以上の実績で会員数900万人を超える日本最大級の出会い系マッチングサイトです。
出会いの募集書き込みが15万件と圧倒的です!

次に多かったのが「掲示板」の利用です。
女性の場合は、書き込みをするというよりも、掲示板に書き込みをしている男性とサイト内でメールをするケースが多いようです。

女性は、自分の性欲を満たしてくれる人を探して掲示板などを見ているので、援助交際目的などの男性を避けています。
男性だけが性欲を満たされて、女性側には性欲を満たされるメリットがないからです。
ですので、「即会い系」は特に警戒されています。

女性が求めるセフレ関係の男性

女性が男性に求めている理想のセフレがあります。
その中からいくつかピックアップしてみました。

  • セックスが上手なこと
  • セックスが上手とは、テクニックがあり体力があること。

  • 彼女や奥さんがいる男性
  • セフレは、ドライな関係を保たないと成立しません。
    その為、恋愛感情にならない為に、割り切れる存在という意味です。

  • 口が堅い人
  • すぐにSNSに投稿したりなど、情報を拡散する男性は信頼されません。
    女性は秘密にしたいと思っているのに、SNSで拡散されることでばれてしまう可能性があります。

  • 会いたいとき会える男性
  • セフレとして、セックスをしたい!と思った日に会うことが重要です。

まとめ

女性は、出会い系サイトや出会い掲示板でセフレ相手を探していることが多くいることが調査結果で分かりました。
下記の2つが利用する主な理由です。

  • 気軽に出会ること
  • 名前を伏せて秘密裏に出会えること
  • 女性のことを性欲を満たしてくれる人

女性も意外と口には出さないけど、性欲を満たしたいという気持ちがあります。
その為にセフレがいる女性も少なくはありません。