セフレでもキスはNGというケースはあるようです。
本命とセフレとのキスの差は一体なんなのでしょうか。
そこには、女性の本音があるようなので詳しく調べてみました。

セフレとキスができる人とできない人

セフレとキスができる、できないは、それぞれ理由があるようです。
質問とそれぞれの答えをまとめてみました。

セフレとキスしますか?
友達と話していて疑問に思い、質問させていただきます。
男女・既婚未婚問わず、セフレがいる方はセフレとキスしますか?
エッチ中だけではなく、ドライブ中だったり
帰り際にチュッとしたり…。
友達とセフレの関係は微妙な感じで、友達は旦那がいますが冷めきっていてセフレ(と言うより不倫相手?)に気があります。
相手の気持ちはよく分からないらしいですが、建前上か謎ですが好きとは言ったらしいです。
あと複雑なのが旦那さんは不倫相手の先輩らしいんです。
まぁそれは置いといて、私的にセフレとか体の関係だけだとキスってそんな頻繁にしないイメージがあったのですが、カップルのように普通に話してるときだったり信号待ちやバイバイするときにキスするものですか?!
エッチはOKでもキスはNGみたいな感じだと思っていたので、不倫相手の方も好きなんじゃ?と感じてしまいました…。
あと口移しでお茶をくれたりもしたらしく。。
私自身そんな経験がなく、良いアドバイスなど出来なかったので、皆さんはどうなんでしょうか?
感想や考えなど、よろしくお願い致します(__)

セフレとキスするよ^^
3年位の関係になりますが
相手は会社の同僚です
最初の頃は本当に会ってセックスするだけの
関係でした
会社の色んな所でもセックスしたけど
前戯とか愛撫なんか全然無かったよ
会ってアソコ弄られてフェラさせられて挿入
これがいつものパターンでした
ラブホに行っても
自分で脱いでって言われて
全裸になった後アソコ弄られて
フェラさせられてセックスでした
いつ頃からかな?
セックスの前に前戯するようになって
キスしたりクンニされるようになって
セックス中もキスしたり
射精した後も抱き合ったまま
キスするようになったww
今ではセックスしてる時は
恋人同士みたいだよ?^^

個人差が有ると思うよ!
人それぞれ、キスの考え方の違いだと思う。
セフレ、不倫相手を選ぶとき誰でも良い訳では無く、何かしら好意を持たなければ成り立たない事だと思う。
キスするしないは関係をお互いがどのように感じているかだと思う。
相手に好意がありセックス以外でも付き合いがあればOK
満たすだけの時間で終わりならNGかな!!

このように、やはりそれぞれキスに対する価値観が違うことが分かりました。
他にも、セフレとしても距離感が存在するようですね。

本命とセフレとのキスの違い

セフレの場合

セフレとのキスに嫌悪感がある

「生理的に無理」といった意味です。
単純に生理的に無理な相手とは、セックスも出来ない女子が多いですが、中にはセックスの相性が良いなどの理由で割り切ったセフレ関係で付き合ってる人もいます。
セックスの相性は、良いけど顔が気持ち悪い、という女性の本音が隠れていることもあります。

セフレとして割り切った関係であっても、キスができない女性を男性は理解できないかもしれませんが、女性同士では理解できてしまうようですね。
セフレとキスができないということは、体を許しても心は許していないということなのかもしれません。

セフレを心の底から信頼していない

『セックスができたから、この女、体も心も俺のもの』という勘違いをしていませんか?
最近の女子は、エッチの気持ちよさと相手への心の本気を冷静に切り離して考えています。
ただし、ある程度心を許した相手でなければ体が反応しないという女性も多く、セフレが嫌いという感情ではありません。
女性にとって「嫌いでない」ことと「好き」の壁はかなり厚いことを知っておきましょう。

セフレは『嫌いではない』けど『好きな人』ではないのです。
従って、セフレとキスすることは『嫌いではない』となります。
しかし、本命とは圧倒的に壁がある行為になってしまうのです。

セックスへのスイッチ

男性にとって、舌を絡め合うようなディープキスは、性欲を刺激する行為だという意味合いが強いです。
つまり女性の胸を揉んだり身体を触ったりする流れと同じで、自分自身を興奮させるためにディープキスを行います。

ディープキスをすることによりセックスへのスイッチが入る人も多いので、遊びのセックス相手にはいきなりディープキスから始めることも珍しくありません。

特に嫌われても問題ないような一夜限りの相手であれば、ディープキス、フェラ強要、前戯なし本番という欲望丸出しのセックスになることもあります。
愛のあるライトキスを省くというわけです。

本命の場合

大好きな人をずっと見ていたい

ドラマなどで、女子はキスをするとき必ずと言っていいほど目を瞑るもの。
しかし現実では、愛おしい人の「キス顔」を見たいから、キスの最中に時々目を開けて表情を確認しています。
一番近くにいる時に、視覚で感じたいという気持ちの現れです。

愛しているから私のすべてを舐めて欲しい!!

恥ずかしがることはありますが、本命の彼になら色んなところを舐めて欲しいと思うものです。
愛しているからこそ、すべて自分をさらけ出すことができるということです。

不思議な事に、愛する人に首筋や胸元、手の指を舐められるだけで女子は感じてしまいます。
首元以外にも、舐めてみると気持ちいい箇所が案外見つかるもの。

本命男性にしか感じないこともありえますので、そこは注意です!
そして興奮とともに深い安心感に包まれます。

この感情や体の反応は受け入れている、という分かりやすい証拠です。
自信を持って彼女の感じるところを優しくキスしてあげましょう。

見つめてからキスをする

相手の目をじっと見つめてからするキスは、本命に対するキスである可能性が高いと言えるでしょう。
本当に愛していないと、キスをする前に目をじっと見ることはできません。

相手の顔をじっくり見ていたいという気持ちの表れでもあり、いきなりキスをして相手を驚かせたくないという意味も含まれているからです。

また、じっと見つめることでキスを求めていることを連想させることができるので、表情から瞬間的にキスができるかどうかを判断している場合もあります。

不意をついていきなりキスをする、といったテクニックのような手法もありますが、余程でない限りそれは本命のキスとは言えない場合が多いでしょう。

セフレとするキスの意味とは

キス1つにしても、本命かセフレかの違いがこんなにもあります。
セフレとキスをしても、それは愛ではなくセックスを楽しむための行為の1つのようです。

ただし、セックスを楽しむためにはかかせないから受け入れる女性も多いことや、セックス中の雰囲気次第では、その時だけは、恋人のような感覚になり自然なキスをすることができるようです。